印象を変えたいときには度付きカラコン|視力が悪い人でも安心

眼鏡

全体のバランスを考えよう

メガネの選び方の基本は、自分自身の顔の形に合ったものを選ぶことの他にも、着ているファッションに合わせて選ぶことが大切です。その際は、セルフレームや金属のフレームなど、TPOに合わせて選ぶことができます。

ウーマン

ファッションと機能性

メガネは選び方だけでなく、かけた時の印象が大切です。面接ではないですが第一印象として非常に大切なアイテムです。TPOに合わせながらつけかえるのも良いでしょう。相手を印象づける意識をするとよりアイテムの力が活きてきます。

目力がアップする

コンタクト

診察を受ける

オシャレな人は頭の先から爪先までこだわりを持っていて、コンタクトレンズも髪の色に合わせて選んでいる。若者の間でも度付きカラコンをつけるのが今や常識とも言われていて、各メーカーからさまざまな商品が発売されている。ひと昔前の度付きカラコンと言えばブルーやヘーゼルカラーのようにガラリと瞳の色が変わるものが主流だった。しかし、今は瞳の大きさを自然に大きく見せるブラックやナチュラルブラウンなどダーク系のカラーが売れている。ガラリと変わるわけではないが瞳の大きさがひとまわり大きくなり、目自体大きくなったように見えるのが魅力だ。度付きカラコンはインターネットで視力検査や診察を受けなくてもを購入できるが、目の健康のために眼科で診察を受けるのが望ましい。

やさしく洗浄する

「度付きカラコン」を装着したあとの大きな瞳はとても印象的で人を惹き付ける力があり、面接や初めて会う人に良い印象を与えられるのがメリットだ。また、洗浄している間に誤って落としたとき、透明なコンタクトレンズは見つけるのがたいへんだが、色がついているカラコンならすぐに発見できる。度付きカラコンは少しずつ慣らしていくのが正しい装着方法で、初日は5時間で2日目は7時間というようにのばしていく。そして、取り外したあとに、レンズの両面を指のはらで余計な力を入れずやさしく丁寧に洗うことも大切なことである。浸けておく時間は各メーカーによって異なり、1時間というものもあれば3数時間以上浸けなくてはならないものもある。

ウーマン

ファッションアイテム

メガネはダサい、ガリ勉、と言うイメージは過去のものです。最近は、気軽にイメージチェンジできるファッションアイテムとして、男性にも女性にも人気です。値段も安く、オシャレなフレームも増えているので、人気を集めているのでしょう。